中心メソッド

数十年の実践・探求・研鑽をもとに、現在3つの技法を中心にレッスンや施術を行っています。

相乗作用により、さらなる効果

技法名称をクリック・タップするとその技法のページに移動します。)

フェルデンクライス メソッド
自分で動いてよくなりたい。ソフトな施術で楽になりたい。体の使い方をよくしたい。機能を回復したい。背骨を筋骨格中枢神経から整えたい。

イーマサウンド・バイオチューニング
内臓を強く元気にしたい。怪我・故障から早く解放されたい。3世代にわたる悪影響をなくしたい。若返りたい。慢性的な疲れを取りたい。人生の流れを整えたい。生命の鋳型といわれるエネルギー体から背骨を整え、もっと能力を発揮したい。

脳デトックス(アクセスバーズ) 
思い込み、固定観念からの影響を減らしたい。
脳にたまった余分なチャージ・心理的な重荷を軽くしたい。考えが纏まるようになりたい。人生のあらゆる側面それぞれの思い込みやパターンからの悪影響を減らしたい。

それぞれ単体でも効果が高いですが、併用するとさらに効果的です。

不可能(頑張らないとできない) ⇒ 可能(緊張・苦痛が伴う場合もある) ⇒ 容易・快適 、リラックス・楽  ⇒ 優雅 ・ しなやか・力強さ・早さ

より高いレベルを求める方に

フェルデンクライスメソッドでは、人の行いとしてのあらゆる分野の動作・技術についての上達を早め進めることができます。その上達の順番は「不可能から可能へ、可能から容易へ、容易から優雅へ」と進んでいくと考えられています。

フェルデンクライスメソッドのレッスンをやりこんでいくと、自然と体が整い軽くなり、重心は落ち着いているのに、まるで背骨や骨格が浮いているような感じで立っているという経験をする方がいらっしゃいます。
さらに、その状態で活動するという体験もされている方がいらっしゃいます。

落ち着いているけど動きやすく、快適で自由で安定感のある不思議な状態です。
筋肉ではなく骨や皮膚が仕事をしている感じ・骨の中を力が透る感じという方もいらっしゃいます。
体を使う仕事や趣味を持つ方にとって、とても役立つと思います。

骨格が積み木のように重なっているというより、周りの組織によってバランスされて一つ一つの骨が独立して統合し、力や重力に対して自ずから整った状態を作り出しているという状態で、 バックミンスター・フラーにより提唱された概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)を組み合わせたテンセグリティ(tensegrity) という言葉を思い起こさせます。

そして、フェルデンクライスだけでなく、イーマサウンドや脳デトックスを併用することで、そのような体験をする方が増えてきているようです。

瞑想・マインドフルネス:心と体と精神の整え方

フェルデンクライスATMレッスンはそれだけで動く瞑想になりますので、マインドフルネスの元であるヴィパサナ瞑想を長年行っている方にも好評をいただいております。FI施術でも注意が外側だけでなく自分の内側にも向かっていく方が多くいらっしゃいます。注意が内と外に向かうことで、体の使かい方の質も高度になっていき、日常で自ずと整うようになっていきます。受けた時だけ整ってその後だんだん崩れていくよりも、受けたときも整ってその後も更に自動的に改善していくことが可能なのは、素晴らしいことだと思います。

が、整った状態からそれ以前の問題のある状態へと引き戻す力が存在しています。

フェルデンクライスが得意とする習慣的な動作・癖の問題も、もちろんそうですが、さらに過去から引き継いでいる未終了の影響(量子的影響と言う人もいます)というものがあり、その故にチャクラの位置もずれているというものです。
他にも、「これが正しい」といった思い込みや、「こうあるべき」「あたりまえ」といった観念が邪魔をする場合もあります。

そして、これらの問題を解決するのに「イーマサウンド」「脳デトックス」が威力を発揮します。

イーマサウンドは、受精前の卵子(卵細胞)の時代に受けた影響、受精し胎児の時代に受けた影響、出産から今にいたるまでの影響をエネルギー体からクリアにしていくことが可能です。それによってチャクラの位置が整い、肉体・感情・精神がバランスの良い状態になります。
チャクラの位置がずれていると頭・背骨(椎骨)・骨盤もずれた場所に近づこうとしますので、側弯症や歪みの原因の一つになります。

脳デトックスは、人生や体のあらゆる側面について思い込みや不適切な観念からの影響をデトックスするのに効果的です。
我々は一日に6万~7万個の思考が頭の中を巡っているといわれています。しかも、その八割はネガティブなことだそうです。生まれてから今まで何日生きてきたでしょうか? さらに集合的無意識という影響もあります。それらの悪影響を消していくことができたとしたら、どれだけ体や人生が改善されていくか、想像してみてください。

インドでは人間の状態を四つの時代に分けて説明しています

黄金時代・銀の時代・銅の時代・鉄の時代と5400年毎(他説あり)に順繰りに時代が代わるという考え方をインドの哲学では教えています。

そして今の時代は最悪の鉄の時代が頂点に来て最善の黄金時代に移行する時期だと言われています。その黄金時代の意識状態を先取りする技法をインドの聖者(カルキ アンマ・バガバン)が伝えており、それを何度もインド等に行ってアンマとバガバンの二人から受け取ってきました。
GAC(Golden Age Consciousness:黄金時代意識)イニシエーション、GACメディテーション、 GACチェンバー といいます。
どれも何度も受けるといいと言われており、イニシエーションは定期的(毎週ATMレッスン後)に、メディテーションは不定期(月1回程度)行っております。

その意識状態とは、自然にマインドフルネスな状態で生きていてとても効率的に脳が働き、忙しく頭を働かせていたり活動していたりしても静けさを感じ、何もしていないときは無条件の幸福感・喜び・一体感が湧き上がってくる状態といわれています。トラウマから解放され、執着ではない愛やシンクロニシティ・奇跡的なことが容易に起こる状態ともいわれています。

その状態に速やかに移行させる技法(エネルギーワーク)であるGACイニシエーションとGACメディテーションを行っております。どちらも簡単に受けることができます。瞑想をしてみたい方、深めたい方だけでなく、願望実現に役立てたい方、人生を好転させたい・飛躍したい方にお勧めしております。
詳しくはメール・お問合せフォームでお問合せください。